2009年06月07日

Mighty Mouseの故障

 故障で使えなくなったMighty Mouseはこれで3つ目。どの故障も、悪評高いスクロールボール部だ。保証期間内に壊れて無料で交換したことはあるが、今度も含め2つは、保証期間1年を数ヶ月越えたところで完全に機能しなくなった。逆さに持ってマウスパッドに擦り合わせたり、両面テープを隙間に差し入れて埃を取ることでしばらくはもつのだが、いずれどうにもならなくなる。
 トラッキング方式が光学式になって、その部分は掃除いらずになったが、スクロールボールは機械式。昔のマウスは、底蓋が取れてトラックボールやローラーの清掃をすることで長く使えたものだが、このマウスは相変わらずのブラックボックス。悪評にもかかわらず改善の兆しはない。
 Mighty Mouseを使っている人は、スクロールボールの調子が悪くなったら(毎日使っている人なら必ず1年以内に起こる)前述のような延命策はとらずに、すぐに修理に出すことをお薦めする。保証期間内なら新品と交換されて戻ってくるはずだ。
posted by ヤマガタ・シュンイチ at 04:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイアリ