2009年09月08日

HDマウントせず

 今までもフォルダのオープンに異常に時間がかかる事があったが、一時的なもので、すぐまた通常通りに使えていた。しかし今度ばかりは再起動後、内蔵ドライブの一つがマウントされなくなった。ディスクユーティリティでの検証ではデバイスの存在は感知するので、機械的なエラーではなさそうだ。しかし、検証・修復を試みるも、不良セクタの存在のために中断する。以前から不良セクタの存在は知っていた。あるフォルダが消去も書き換えもできない状態だった。しかしこれに触れずにいれば問題はないので、そのまま使い続けていた。
 とりあえず、新しい内蔵HDDを購入して手元に確保しておく。Disk Warrior 4.1で修復を試みるもドライブの復帰には至らなかったが、プレビュー・ディスク機能で、ボリュームの中身をほぼ完全にデスクトップ上に再現してくれた。ここから外付けのドライブにバックアップをとり、その後、内蔵のHDDを交換。これに外付けドライブからコピーして以前の状態に戻した。壊れたドライブにはOSやアプリは入っておらず、その点面倒はなかったが、数ヶ月分の仕事データが消えるところだった。フォルダのオープンやクローズに妙に時間がかかるなと感じたり、修復できない不良セクタができてしまったら、さっさとドライブを交換したほうが良い。
posted by ヤマガタ・シュンイチ at 13:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイアリ