2009年04月11日

千鳥ヶ淵緑道2009

千鳥ヶ淵緑道2009

 都会にはありとあらゆる光が溢れている。桜にもライトアップ。昨年まではハロゲンランプによる照明だったが、今年からは太陽光蓄電による発光ダイオードの照明になった。省電力・環境配慮型を謳っている。これが豊かさの証明(まさに照明)というものだろうか。そして道には土がなくなった。桜の根を守るためか、バリアフリーのためなのか、コンクリートで覆われてしまった。
 ここは毎年、桜が満開の頃に満月が訪れます。ライトアップ終了後の子の刻時、満開の桜の下で、月明かりに誘われた物の怪たちと静かに語らうのが楽しみでもある。
posted by ヤマガタ・シュンイチ at 20:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 春夏秋冬
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/47501054
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック