2009年05月25日

最初の記憶

 三島由紀夫が「自分の最初の記憶は産湯に浸かったことだ」と言ったそうだが、天才的作家の言語中枢は生まれながらにして常人とは違うのかもしれない。
 霊能者でもない限り、最初の記憶は概ね2〜3歳ぐらいではないだろうか。それ以前の記憶はなぜ無いのだろうかと考えていた。耳で聞いたり目で見たりしたことが、何かしら記憶として残っていてもよさそうだ。言葉としての最初の発声は、平均1歳3カ月半だというデータがある。子供はそのころから盛んに言葉を覚えていく。その時期と最初の記憶が、何か関係する気がしてならない。目や耳で入力された体験は、幼い脳でもどこかに“刻印”はされるはずだ。しかし言語と関連づけがされていないイメージは、それを意識の表層へ持ってくることができない。そう考えるとまだ言葉を話せない幼い時の記憶がないことは説明がつく。
 そのイメージが言語の束縛から解き放たれるときがある。眠っているときに見る夢だ。起きたとき、夢の内容を思い出せないことはよくあることだ。夢の中は、イメージだけが自由に飛び交ってる世界だ。言語と関連づけができていない事象は思い出すことができないのだ。
 アルツハイマー病は、言語と記憶を同時に失っていくそうだ。言葉を失うことで、それと関連づけされていた“刻印”を、意識の表層へ導き出すことができなくなっていくのではないか? 記憶と言語の関わりについてこのように説いている学説はないだろうか。
オディロン・ルドン『キュクロプス』

オディロン・ルドン『キュクロプス』(Odilon Redon, The Cyclops)
 オディロン・ルドン(1840−1916,フランス)は、私の好きな画家五指に入る一人だ。学生時代に画集のパステル画を見たのが最初だった。モネやドガなど印象派の画家と同世代だが、夢や幻想の世界など彼らとは違う独特のテーマを描き続けた。その後だいぶ経って、大規模なルドンの展覧会があり実物を見られてとても嬉しかった。このブログのカテゴリー名の一つは、ルドンの最初の石版画集『夢の中で(Dans le Rêve)』の表題をそのままいただいた。
posted by ヤマガタ・シュンイチ at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 夢の中で
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/47501530
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック