2009年10月23日

自転車で探すユートピア

yoshimihyakuana.jpg吉見百穴(よしみひゃくあな):東武東上線「東松山」駅から東へ徒歩2〜30分。古墳時代の横穴墓群の遺跡である。天然記念物のヒカリゴケが自生していることでも知られている。
 むかし、友人UH君と二人で東京練馬からここまで、約40kmを小さな子供用自転車で往復した。川越街道をひたすら走ったのだろう。爆走するトラックや自家用車にひやりとしながら走った覚えがある。関越自動車道はまだ影も形もなかった時代だ。
 少年のころ、自転車に乗るということは何かを探す冒険のようなものだった。線路づたいに走るときは電車になり、幹線道路ではバスだったり、急な坂道では飛行機にもなりながら何かを探している。いつのころからか自転車はモーターサイクルに代わり、もう電車になったり飛行機になることはなくなったが、あのころの何かを探す思いは未だ心の中に潜んでいるようだ。 今は自分の足で歩くことが楽しくなった。リタイアしたら安宿に泊まりながら、ひたすら野に山に歩く一人旅をしたいと思っている。表題は、中山うり「夏祭り鮮やかに」の歌詞の一部をもじって。

中山うり「DoReMiFa」中山うり「DoReMiFa」
 3年ぐらい前、iTunes Storeの「今週のシングル」という新人をPRするためのコーナーで彼女の曲を聴いたのが始まり。アルバムを聴いたりコンサートにも出かけた。代々木の会場では、レパートリーのひとつに曲をカバーしている関係で、あがた森魚が挨拶に来ていた。 久しぶりに見たぁという感じ。 彼女の歌は、はしゃがない、押しつけがましくない、声高じゃない、聴き手の情感を邪魔しないところが気に入っている。
posted by ヤマガタ・シュンイチ at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 時を歩く
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/47501669
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック