2011年09月20日

風の谷のナウシカで見た?

ジャコウアゲハの幼虫 暑さも少しばかり和らいだ良く晴れた午後、柳瀬川に沿って家路を急いでいると、小径を気ぜわしく横切っていく派手な色の虫に気づいた。こんな虫は初めて見たような気がする。毒々しいといえば毒々しいがよく見るととても美しい。歩き方もとてもチャーミングだ。虫の類は余り好きではないが、何とも心惹かれるのでしゃがみ込んで、いつも持ち歩いているデジカメでムービーに納めた。【動画はこちらで】
 何かの幼虫には違いないが早速ネットで調べた。名前が分からないものを探すのはちょっとだけ面倒である。赤い点々、幼虫など、見た目の特徴で検索してみたら、どうもジャコウアゲハ(麝香揚羽)の幼虫のようだ。雄の成虫が麝香のような匂いを発するらしい。また、この幼虫はウマノスズクサという植物を食べるらしいが、その植物が持っている毒物を体内に取り込んで鳥などに捕食されないようになっているらしい。こういうのが自然はすごい!と思ってしまう。
 このあと蛹から成虫へとどくらいの期間で羽化するのだろうか。羽化した成虫にまた偶然出くわさないかと楽しみになってきた。
posted by ヤマガタ・シュンイチ at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 春夏秋冬
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/48054670
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック