2011年09月22日

IT産業の中の優先度

 仕事の関係先は光ファイバー回線がほとんだ。こちらはまだADSL50Mだが、仕事上これといって困ることはない。この記事にある平均と比べればうちのADSL環境は超高速だ。
 韓国が1位なのはさもありなんだが、ITの先進国アメリカなど大きな国が上位にいない。特徴的なのは、東欧諸国が上位を占めていて日本は6位。記事では、「この調査は、今年1〜6月に世界224か国・地域のコンピューター2000万台で行われた2700万回のダウンロードに基づいている。」とある。イマイチどういう条件下での調査かピンとこないが、ダイアルアップもあれば、DSLもあれば、光もあれば、また、PCの性能など、みんなひっくるめたその国のインターネット通信環境ということなのだろう。
 この調査結果を、それぞれの国がインターネット通信にどれだけ力を入れているかと読むべきか、IT先進国が上位にいないことを思えば、IT関連の産業の中で何を優先順位にしているかと読むこともできる。
posted by ヤマガタ・シュンイチ at 20:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイアリ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/48094655
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック