2011年10月06日

スティーブ・ジョブズ氏死去

posted by ヤマガタ・シュンイチ at 09:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイアリ

2011年09月22日

IT産業の中の優先度

 仕事の関係先は光ファイバー回線がほとんだ。こちらはまだADSL50Mだが、仕事上これといって困ることはない。この記事にある平均と比べればうちのADSL環境は超高速だ。
 韓国が1位なのはさもありなんだが、ITの先進国アメリカなど大きな国が上位にいない。特徴的なのは、東欧諸国が上位を占めていて日本は6位。記事では、「この調査は、今年1〜6月に世界224か国・地域のコンピューター2000万台で行われた2700万回のダウンロードに基づいている。」とある。イマイチどういう条件下での調査かピンとこないが、ダイアルアップもあれば、DSLもあれば、光もあれば、また、PCの性能など、みんなひっくるめたその国のインターネット通信環境ということなのだろう。
 この調査結果を、それぞれの国がインターネット通信にどれだけ力を入れているかと読むべきか、IT先進国が上位にいないことを思えば、IT関連の産業の中で何を優先順位にしているかと読むこともできる。
posted by ヤマガタ・シュンイチ at 20:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイアリ

2011年09月17日

東京スカイツリー

tokyoskytree.jpg

 うちの事務所は靖国通りから2-3本北側に入った、「二七通り」という通りに面して建っているマンションの一室だ。交通のメインストリートからは離れているが、車道に面していて車の往来の騒音は少し気になるときがある。それでも、向かいに「東郷元帥記念公園」があり雰囲気的には落ち着いた感じではある。
 この事務所の南側にあるベランダには鳥よけのネットが張ってあり、普段ベランダから身を乗り出して左右の景色を見ることはない。
しかし最近、左に(東を望むと)東京スカイツリーが見えることに気がついた。それもけっこう間近に迫って見える。地図上で測ると、ここから直線距離にして6.5km。遠いと言えば遠い、近いと言えば近い、といった感じだろうか。
 スカイツリーに関してはさしたる感慨もないが、日常の風景の中に、突然異質なものが視界に飛び込んできた驚きのようなものを覚える。
posted by ヤマガタ・シュンイチ at 15:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイアリ

2011年09月07日

にわかカメラマン

プラントドール  乾燥した植物を材料に人形を作る、ある人形作家のお手伝いをさせていただいている。仕事でやっているわけではない。年に一度、その先生と生徒さんたちの作品が披露される展覧会で、人形たちの写真を撮りホームページに掲載する。

 その先生から、こんど作品集を作ることになったので、今まで撮った私の写真を使いたいとお申し出があった。しかし私の写真は、ウェブのみで使用することを前提に撮った写真である。印刷用に提供するには、デザイナーの常識からいうと甚だ心許ない。職業柄、写真のなんたるかは知っているつもりだがプロとは違う。

 私の使っているカメラは「Nikon D70」。 日進月歩のこの世界では、既に2-3世代前の600万画素機である。カタログに載っていた撮影サンプルの色調が気に入り、A4サイズぐらいまでなら綺麗にプリントできる画素数かなと思って、何かの時の備えに購入したものだ。

 一応、今まで撮った写真の一部を出版元に送って、使えるか使えないか判断してもらうことにした。2日後すぐに返事があり、問題は無いとのことだった。

 これから新たに撮影しなければならない人形もあるので、こうなったら、にわかカメラマンとして微力ながら最善ををつくそうと思う。
posted by ヤマガタ・シュンイチ at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイアリ

2011年08月25日

携帯電話

 今の私が使っているのは二つ折りのやつだ。パカッと空けるのが面倒くさいし落っことしそうになる。以前はもっと小型で小さなやつを使っていた。とても気に入っていたが、ズボンのポケットに入ったまま洗濯機でおぼれ死んだ。引き続き同じ機種を買ったら、またそいつもズボンの尻のポケットに入ったまま洗濯機でおぼれ死んだ。次もまたその機種にしようとしたら、もう販売していないと言う。

 なんで日本のメーカーは2ピースの携帯しか作らないのか。カタログを見てもパカッと開くか、ピョンとせり出すか、2つがひっついた感じのものがほとんどだ。単体の型がもっとあってもいいんじゃないの? 材料費だって半分で済みそうな感じだし。電話で話すのにパカッもピョンも無い! とっとと話せるのが欲しい。

 外国の映画を見ていると、いつでもポケットから出したらすぐ話している。そういう話をうちのスタッフに話したら、「おじさんの見る映画は忙し過ぎるからじゃないんですか? 私の見る映画は普通の二つ折りが多いと思いますけど・・」「えっ?!」

 たしかに私の見る映画は、SFやアドヴェンチャーものが多い。このピンチにパカッとフタを開けたり、画面を180度回転したりして「モシモシ・・」もないもんね。そうですか、そういうこと。文芸モノは忙しくないからね。
posted by ヤマガタ・シュンイチ at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイアリ

2011年08月24日

MORISAWA PASSPORT

 今年もMORISAWA PASSPORTの契約更新日がやってきた。実際の更新日は10月の一日なので9月末に申し込めばいいものだが(毎年そうしていたが)、今年からはどういう事情か更新日の一ヶ月前が申し込み期限となっている。

 ただここ数年、新たなフォントのインストールは行っていない。現状間に合っているからだ。そうそうフォントをやたらと使うような仕事はないしね。基本的なもので十分間に合っている。

 しかし、ここに来てちょっと検討してみようかと思うフォントがある。UDフォントだ。ある会社の季刊のPR紙を制作しているが、その読者対象が比較的年齢が高いと想像されるからだ。しかも10年以上も前から携わっているので、現状はまだClassic環境下でのQuarkXPress3.3のままで来ている。当然使っているフォントはOCFだ。

 Quark8やEasyCompo等アプリ環境は整っているので、クライアントへのプレゼンテーションを済ませて、来年早々の号からUDフォントでと考えている。
posted by ヤマガタ・シュンイチ at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイアリ

2011年08月23日

ブログ再開

 ヒマつぶしに始めたブログだったが、昨年の桜の季節が終わる頃から急に忙しくなったのと少し体調を崩したこともあって、その後一年以上空けてしまった。健康状態も取り戻しつつ仕事も落ち着いてきたので再開することにした。以前はTypePadを利用していたが、他のHPをまとめるにあたり「さくらインターネット」を利用することになり「さくらのブログ」に乗り換えた。
posted by ヤマガタ・シュンイチ at 16:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイアリ

2010年05月07日

小さな花見

sakura2010ondesk.jpg 少し前、さくらの花が咲き始めるころ、近くの公園を歩いていると遊歩道のあちこちにさくらの小枝が落ちていた。剪定で落とされたものか、風のいたずらか…。その中の何本かに蕾が付いたものがあったので、その枝を拾って帰ってきた。さくらの枝を持って歩くというのはちょっと気が引けるね。私が折ったんじゃないもんねぇと道行く人に無言でテレパシー。水を張ったバケツに入れてベランダに置いておくと、数日で蕾が開き始めた。頃合いをみて数輪を取り上げ、部屋の中に置いてやった。喧噪とは無縁の花見だった。
posted by ヤマガタ・シュンイチ at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイアリ

2009年09月08日

HDマウントせず

 今までもフォルダのオープンに異常に時間がかかる事があったが、一時的なもので、すぐまた通常通りに使えていた。しかし今度ばかりは再起動後、内蔵ドライブの一つがマウントされなくなった。ディスクユーティリティでの検証ではデバイスの存在は感知するので、機械的なエラーではなさそうだ。しかし、検証・修復を試みるも、不良セクタの存在のために中断する。以前から不良セクタの存在は知っていた。あるフォルダが消去も書き換えもできない状態だった。しかしこれに触れずにいれば問題はないので、そのまま使い続けていた。
 とりあえず、新しい内蔵HDDを購入して手元に確保しておく。Disk Warrior 4.1で修復を試みるもドライブの復帰には至らなかったが、プレビュー・ディスク機能で、ボリュームの中身をほぼ完全にデスクトップ上に再現してくれた。ここから外付けのドライブにバックアップをとり、その後、内蔵のHDDを交換。これに外付けドライブからコピーして以前の状態に戻した。壊れたドライブにはOSやアプリは入っておらず、その点面倒はなかったが、数ヶ月分の仕事データが消えるところだった。フォルダのオープンやクローズに妙に時間がかかるなと感じたり、修復できない不良セクタができてしまったら、さっさとドライブを交換したほうが良い。
posted by ヤマガタ・シュンイチ at 13:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイアリ

2009年06月07日

Mighty Mouseの故障

 故障で使えなくなったMighty Mouseはこれで3つ目。どの故障も、悪評高いスクロールボール部だ。保証期間内に壊れて無料で交換したことはあるが、今度も含め2つは、保証期間1年を数ヶ月越えたところで完全に機能しなくなった。逆さに持ってマウスパッドに擦り合わせたり、両面テープを隙間に差し入れて埃を取ることでしばらくはもつのだが、いずれどうにもならなくなる。
 トラッキング方式が光学式になって、その部分は掃除いらずになったが、スクロールボールは機械式。昔のマウスは、底蓋が取れてトラックボールやローラーの清掃をすることで長く使えたものだが、このマウスは相変わらずのブラックボックス。悪評にもかかわらず改善の兆しはない。
 Mighty Mouseを使っている人は、スクロールボールの調子が悪くなったら(毎日使っている人なら必ず1年以内に起こる)前述のような延命策はとらずに、すぐに修理に出すことをお薦めする。保証期間内なら新品と交換されて戻ってくるはずだ。
posted by ヤマガタ・シュンイチ at 04:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイアリ